2009年9月24日木曜日

プミポン国王陛下、体調不良でご入院



 王室管理事務所の発表によれば、プミポン国王陛下が9月19日、体調不良のため、バンコク都内のシリラート病院に入院された。

 陛下は、発熱、疲労感、食欲不振のため、医師の診察を受け、点滴と抗生物質による治療を受けられることになった。

 同病院には20日、陛下の早期回復を願う大勢の市民のほか、アピシット首相、プラウィット国防相、アヌポン陸軍司令官、スクムパン・バンコク都知事などが訪れ、見舞いの記帳を行った。


カダフィ大佐が国連総会で初演説 安保理を批判
国連(CNN) リビアの最高指導者カダフィ大佐は23日、国連総会で初の一般討論演説を行った。大佐は15分の制限時間を無視して約1時間半壇上で話し続け、国連安全保障理事会をあからさまに批判した。


カダフィ大佐は、国連が1945年の発足以来阻止できなかった戦争が65あると指摘し、安保理が「テロ理事会」と呼ばれるべきだなどと発言した。大佐はまた、国連憲章を引用しながら、国連加盟国間の「不平等」を指摘。自国の国益のために行使されているとして、常任理事国5カ国が持つ拒否権の廃止を求め、小国が「二流国として見下されている」と主張した。


カダフィ大佐はさらに、世界各地で感染者が増加している新型インフルエンザ(H1N1型)ウイルスが、研究所で開発された「兵器」だなどと述べたり、1963年のケネディ米大統領暗殺の黒幕がイスラエルだとする暴論を展開。また、イスラム強硬派タリバーンに、カトリックの総本山バチカン市国のような「イスラム首長国」の樹立が認められるべきだと発言した。


カダフィ大佐はその一方、黒人初の米大統領となったオバマ氏を「永遠に米大統領に留まってくれたらうれしい」と称賛した。

BBCとCNN等ではオバマとアフマディネジャド大統領とカダフィ大佐の演説はテレビやっていたけど鳩山のはの字も出てこなかった、日本はこんなもんではないが、鳩山がこんなもんなんだろう世界中の指導者等が演説する中、こんなにも小物に見えるものだろうか?
情けないこんな奴を誰が選んだんだ

2 件のコメント:

副長 さんのコメント...

ガダフィ元気なんだね。

やはり、カリスマと云う男は凄い。

東郷 さんのコメント...

日本のニュースも近頃はネットで結構観れるのですが
中々日本の雰囲気は伝わってきません
雑音が入らない分良いのかも知れませんが。